calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

歯周病とよく似た症状の病気とはwww

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

「最近、歯ブラシをして血が出る。そして、根のあたりが腫れたり、落ち着いたりの繰り返しで痛みはないんだけど歯周病になったのかと思って不安で、、、」とおっしゃった方がいらっしゃいました。

歯周炎と間違えやすい病気があるんです。

その中の一つが歯内病変。
簡単には、歯の根の病気です。

歯周炎も歯内病変も激痛を伴いません。

歯肉が腫れてきます。

ともに似たような症状です。

しかし、歯周炎は歯の周囲、歯内病変は根の先に病巣があります。

ここの鑑別をしっかりと、行わないと適切な処置ができません。

レントゲンを撮ったり、口腔内を精査したりします。

実はこの2つが合わさった病変もあります。
しっかりと原因はを調べることによって、解決することも多いのです。

 

このように間違えやすい病気が実は多くあります。

自分で判断せずにしっかりと歯科医院を受診して見てください。

 

根尖病変って知ってますか???

こんにちは、Dr.Yamaguchiです。

 

一度、歯の神経を取る治療をした歯が痛くなったといわれて、

再治療を行う患者様が最近多いです。

 

歯の根の治療とは、歯を残すための基本的な治療法です。

虫歯になって痛くないからと放おっておくと、

健全なときに神経組織があった根の管に口腔内細菌が入り込み増殖します。

 

空気を嫌うバイ菌ばかりになって歯の根の先の顎の骨を溶かして膿の袋ができます。

このことを根尖病変と言います。

 

この根尖病変はそのままにしていても治りません。

どんどん根の先の骨を溶かし隣の歯の骨まで病巣が大きくなります。

 

なかなか自覚症状がないのが特徴です。歯肉が腫れたり引いたりを繰り返す。また噛むと違和感や痛みが出ることがありますが、激痛になるのは急性症状が出るときだけです。

 

レントゲン診査を行うと発見できることが多いです。

症状が無くてもしっかりとした治療を行い、歯をできるだけ長持ちさせましょう。

 

歯周病ではないのに歯茎が腫れたら、、、、

最近、冬型の気候になってきましたので
非常に空気が乾燥してきました。
インフルエンザにも注意です。

歯を抜く理由の一つに
「根管治療の不備」があります。

このために歯が割れてしまうことも多いのです。

では、どうしたらいいのでしょうか?

こればかりは歯科医院でX線を撮って
チェックするしか方法はありません。

歯周病ではないのに歯茎が腫れたり痛みが出てきたら要注意です。

この治療は歯周病と同様に歯科医師のレベルによって大きく違ってきますので
もう抜かなければいけないと言われても、すぐに抜いてはいけません。

セカンドオピニオンで残せると言われるかもしれません。

御自分の歯ブラシなどの努力でなんとかなるということではないので
定期的な歯科医院でのチェックが予防の基本となります。

神経を取った歯については以上の理由で注意が必要です。


 

歯内療法って知っていますか???

歯内療法とは、主に歯の内部にある根管の治療の事を指します。


虫歯が進行した結果、神経を取らなくてはいけなくなったり、

一度治療した歯が再び感染を起こし、根の治療をやりなおしたりする事です。


この治療を受けられた方は大変多いと思います。


この治療はとてもハイレベルな技術を要求されるものでありますが、

現在日本で行われている処置内容は世界的にもアジア圏内でもかなり遅れている内容です。


ほとんどが虫歯抜髄(神経をとる治療)感根治(治療した所が再び感染)抜歯の流れで歯を失います。


こうならない様にするためには、虫歯にならない事は当然ですが、

神経の治療を最初に行う段階で感根治に移行しない様しっかり治しておく事が大切です。


この治療がとても高い成功率で行われているkeywordはマイクロスコープ・CT・ニッケルチタン・垂直加圧根充などです。
当院でも長持ちする歯を提供するために、日々努力をしています。


根の治療でお困りの方はお気軽にご相談してください。



 

歯の神経はとるとどうなるの???

こんにちはDr.Leeです。

 

虫歯が進行してしまうと、歯の神経をとりましょうと歯医者さんに言われることがあります。
普通に考えると神経をとったら、歯は死んでしまい抜かないといけないのではないかと思ってしまいますよね。

ところが、歯の神経をとっても歯は使えます。これはどういうことでしょか?

歯の中の組織は、死んでしまっても、骨に埋まっている歯の周りの組織は、生きているからです。

歯の神経をとると歯はどうなるのでしょうか?

実は、きちんと治療さえされていれば普通の歯と同様に使うことができるとともに、寿命も変わりません。

しかし、目に見えないところの治療ですから難しい治療であるとともに時間のかかる治療になってしまいます。

ポイントはきちんと治療されていればいいのですが、治療後一年程経過したところで確認のX線を撮ることをお薦めいたします。

細菌が関与しているからです。



 

 

根管治療って何のこと?

根管治療って知ってますか?
歯の神経を取った後の治療のことをいいます。

この治療が不完全だと歯周病や虫歯に次いで歯を抜くことになる原因になります。
しかも、治療が不完全でもほとんどの場合、痛みがありません。

たとえば10本に根管治療がしてあったとしても
完全に治療されているのは6−7本です。

なぜ、完全な治療が難しいかといいますと
目で見て治療をすることが出来ないからです。

今日、知り合いの先生からの紹介で
根管治療希望の患者様が来院されました。

根管治療が不完全なため歯茎が腫れていて
痛みも出ていました。

根管治療の再治療を完全に治療できる確率は
50パーセントくらいです。

この患者様の場合は、うまく治療ができましたので
化膿しているところはまず治っていくでしょう。

しかし、いつもうまく治療ができるとはかぎりません。

先日、CT撮影機を購入しましたが
CT撮影も大きな手助けとなります。

まずは、歯の神経をできるだけ取らないことにつきますね。 

銀歯でかぶせた歯が痛ーいwwどうなってるの??

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

急に暑くなってきましたね。

バテないように、気をつけましょう。

 

[銀の被せ物をしている歯が噛むと痛い」

という主訴の患者様が来院しました。

5年ほど前に神経をとって治療したとのことでした。

 

レントゲン等の診査を行った後に

根の先端に膿が溜まっており、そこの炎症がひどくなり痛みが出ていました。

 

被せ物の隙間がある場合は、その隙間より細菌が侵入します。

また、根管内に不活性化(睡眠状態)の細菌が多くいると再感染のリスクが上がります。

 

一度、虫歯等の細菌によって感染した根管は、再感染しやすいのです。

実は根管内を完全に無菌化することは、不可能であり、

生体の免疫機構で処理できる範囲内でできるレベルまで細菌を減少させます。

 

痛みがあるなしで臨床判断するのではなく、

しっかりとした知識のもとで診療をすすめています。

治療回数や時間がかかることもありますが、

一本の歯をしっかり治すことが、とても重要になります。

 

梅雨の時期には御注意をwww

梅雨のこの時期ですからしょうがないのですが
雨の日が続きますね。

こんな時期には体力が落ちてしまう人が多いようです。
先日も普段でしたら大丈夫なところが腫れてきた患者様が来院されました。

X線では何の問題もなく、もう十年以上痛みの無かった歯に痛みが出てしまいました。
しかも激痛で仕事どころではない状態です。

歯の根の先に化膿しているところがあって、そこが原因でした。
すぐに膿を出したので痛みは無くなったのですが
患者様は「今までに経験したことのないような強い痛みでした」
とおっしゃっていました。

X線は歯のどのようなところでも詳しく分かる万能の器械だと
思われるかもしれませんが、実は歯の影を一方向から見られるでけで
決して立体的に診断できるものではありません。

完璧にということになりますと、やはりCTということになります。
しかし、99パーセントはそこまでは必要ありませんが、、、

このように人間の体調というのは日々違ってきております。
今みたいに梅雨の時期は普段に比べ注意が必要ですね。

もう少し梅雨が続きますが、みなさんお口の中のことだけではなく
体全体に気をつけてくださいね。


根管治療の重要性について理解してくださいwww

先日、歯科関係のメーカーの方とお話をしました。
その中で、アメリカではかなりの方が
「ルートキャナル」という言葉を知っているとの話がありました。

日本語で言えば
「根管」です。

つまり、歯の神経を取ったあとの「管」のことです。
根管治療は、根管をきれいにして細菌が外に出ないようにする治療のことです。

つまり、根管治療は神経を取った歯において、最も重要な治療となります。
なぜなら、後で根管治療においてトラブルが起きると
「被せものを含めて全部やり直し」になってしまうからです。

しかも、これらのトラブルは歯周病と同様に
あまり痛みが出ることはなく、気がついた時には
歯を抜かなければいけなくなることも少なくありません。

根管治療のトラブルの多くは
歯科検診時のX線撮影時に分かります。

ですから、歯に痛みが無くても
定期的に検診することが大切です。

このときの注意点は
「必ずX線撮影」をするということです。

X線撮影を定期的にすることは
あまり気がのらない方も多いかと思いますが
それ以上の大きなメリットがあるということは知って頂きたいと思います。

痛みや腫れがなくても必要な治療がありますww

虫歯、歯周病ではなく、痛みもない歯でも
絶対に治療が必要なことがあります。

神経を取った歯で根管治療をしていない場合です。
根管治療が不十分な時も同様です。

このような場合の多くが歯の根の先の部分に
化膿している箇所があります。

通常、痛みや腫れはありませんが
たまに、急性発作を起こして痛みや腫れが出てきます。

症状があまりないため
そのまま10年くらい経ってしまっている場合も多いのです。

しかし、そのような時には
化膿している部分が大きくなっていて歯を抜くことになります。

とても残念なことです。

10年も歯科医院に来ていないということは
イコール、歯に問題がないということではありません。

当然、定期的なチェックをすべきだったわけです。
分かっていても痛みや腫れがないと、まず歯科医院には
なかなか行くことはないとは思いますが
是非、勇気を振り絞ってチェックを受けてみてください。

春はこのような検診の季節でもありますから、、、


| 1/3PAGES | >>