calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

咬むことと顔のゆがみ

 今日は,朝から台風の影響で大雨です。いつもは駅まで10分の道のりを歩きますが、さすがに車で女房に送ってもらいました。梅雨のあとがこれでは「夏」が抜けてしまってますよね。のりピーの事件といい悪いニュースが多いので、なにか明るいニュースが欲しいところです。

きょうは、顔と咬む機能との関係のお話です。
顔立ちは親からの遺伝でほとんど決まっていますが、子供のころの指しゃぶり、舌の突出癖、口呼吸、片側咬みなどにより、個人特有の顔ができあがります。
 特に、咀嚼筋(食べるときに咬む作用をする)などの筋肉の動きの異常さは上あごや舌に作用するため、あごはゆがみ、口はゆがみ、美とはかけ離れた顔になってしまいます。ですから

 「とくに、片側だけで咬んでいる方は顔のゆがみに注意してください」

 片側だけで咬んでいる方は歯になんらかの病的要因がある場合が多いので、その原因を調べてその歯の治療の必要があります。その原因は、虫歯、歯周病、噛み合わせ、歯の神経の炎症、化膿、などいろいろなことが考えられます。
 まずは、顔がゆがんでしまう前に治療をしていきましょう。

スポンサーサイト

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • 16:19
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック