calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

口腔内の細菌が死を招く???

こんにちはDr.Leeです。

 

先日読んだ日本経済新聞の記事にも書いてありましたが、今、被災地では、お年寄りらの誤嚥性肺炎の問題を解消するために、口腔ケアが重要視されています。

震災直後は、さまざまな大きな問題が起こり、歯や口のケアまでは、なかなか手が回りませんが、実は、口腔ケアは健康維持に大変大きな力を発揮します。

もともとお年寄りは、嚥下機能が低下しており、口腔内の衛生環境が悪化すると、口の中の細菌が肺に入り、肺炎のリスクが一気に高まります。

特に、災害時には、口腔ケアがどうしても難しい状況になります。
阪神大震災の時にも、多くの災害関連死を招きました。


大規模災害時の歯や口の衛生管理は、命に直結する緊急対策と認識されていますが、
実は、日常的 にも、口腔ケアは誤嚥性肺炎を防ぐために大変有効です。


高齢者の施設や病院に入院している患者さんの口腔ケアについて、
日常の口腔ケアをきちんと行うことで、肺炎の患者数が劇的に減ったという報告は、たくさん出されています。

もし、ご家族に、飲み込む力が弱くなってきたお年寄りや、何らかの病気で嚥下しにくい方がいらしたら、
少しだけでも口腔ケアに心を配ることで、肺炎のリスクを減らすことが可能です。

 

 

スポンサーサイト

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • 14:49
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック