calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

歯科におけるX線の重要性についてwww

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

レントゲンで何がわかるかしっていますか??

目に見えない部分の情報をたくさん与えてくれます。

 

う蝕は歯周疾患とともに歯科治療の大半を占めています。

硬組織なのでエックス線写真による診査は欠かすことができません。

う蝕の診断には近年まで探針が用いられていましたが、探針の使用がう蝕原性細菌の侵入を助長することがあるから、現在はあまり用いられなくなりました。

それゆえ、エックス線写真読影の意義は非常に大きいのです。

読影に関しては、う蝕の方向と広がり方、歯髄との位置関係、修復物との関係、歯肉縁下、骨縁下の深さなどに注目しています。

また、歯周病は歯を取り巻く歯周組織(セメント質、歯根膜、歯槽骨、歯肉)に発症する疾患であり、付着の喪失と同時に骨の吸収が起こります。

しかし歯肉縁下でそれらが生じるため、肉眼で確認できる情報は限られています。

例えば骨の吸収は、エックス線写真をもとにプロービング診査することで、

立体的にイメージすることができるようになります。

 

このように、1枚のレントゲン写真から多くの情報が得られるのです。

これをふまえて、しっかりと患者様に治療説明を行なっています。

 

スポンサーサイト

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • 16:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック