calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

肝炎と歯周病って関係ある???

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

今まで歯周病は全身疾患との関連性は取り上げてきました。

今回は、肝炎について関連性があるということです。

 

飲酒しない人も発症する非アルコール性脂肪肝炎(NASH)患者が

歯周病菌を保有する割合は健康な人の約4倍と高く、

歯周病の治療で肝機能が大幅に改善することを突き止めました。

研究チームによると、歯周病と心臓病や脳卒中との関連は指摘されていますが、肝炎では初めてとのことです。

NASHは成人男性の3人に1人程度とされる脂肪肝の人のうち1〜2割を占めます。

進行すると肝硬変や肝臓がんを引き起こし、肥満との関連が指摘されているが、発症メカニズムは解明されていません。

研究チームがNASH患者102人の歯周病菌を調べたところ、保有率は52%で、健康な人と比べて約3.9倍でした。

また肥満状態のマウスに歯周病菌を投与すると、3カ月後に肝臓が平均約1.5倍に肥大化し、肝炎が悪化するなどでした。

歯周病のNASH患者10人に歯石を除去したり抗生物質で歯茎の炎症を抑えたりして治療した結果、3カ月後には平均すると肝機能の数値がほぼ正常になったとのことです。

 

歯周病に関しては様々なことが解明されてきましたが、まだまだ新しい研究が発表されそうですね。

 

スポンサーサイト

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • 16:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック