calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

歯科治療においてのデジタル化とはwww

 

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

台風の当たり年になりそうですね。

 

この一年で地震、台風、大雨、竜巻の言葉を多く聞きました。

自然の猛威は本当にすごいです。

 

さて、先日勉強会に行って来ました。

内容はデジタルデンティストリー。歯科治療のデジタル化です。

歯に詰め物をする場合は、「歯を削る。」「型を取る。」「詰のものを作る。」「歯に詰め物を入れる。」の作業が必要でした。

 

この過程の中で「型を取る」「詰め物を作る」をデジタル化するのです。

通常、型を取るのは印象材といった練り物を口の中に入れて行います。

しかし、デジタル化すると歯に光を当てて専用のカメラで読み取ります。

時間も短時間で、お口の中がいっぱいにならずに気持ち悪くなることもありません。

次に詰め物をつくるのは技工士の仕事です。多くの工程を経て詰め物を作成します。

しかし、コンピューター上で詰め物の設計を行なって専用の機械が削りだしてくれるのです。

圧倒的な時間短縮ができるのです。

 

まだ、改良がされ続けており進化の途中ではありますが、金属を使わない詰め物の作製には期待しています。

早く完成形ができないかとワクワクしています。


スポンサーサイト

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • 19:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック