calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

本当に怖い歯根破折の予防法ww

こんにちは。DR,Yです。

 

歯の神経の処置をした歯で、一番気になることは、歯根破折です。

 

頻度は高いわけではないですが、

現状では歯根破折を起こしている歯は保存不可能で抜歯となってしまします。

 

通常はメタルコアといって金属を使います。

メタルコアは銀合金で作成することが多く

天然歯より硬く、くさびの作用で歯根破折を起こすことがあります。

 

そこで、歯根破折の予防のために用いられるのは、

一つの方法として支台築造(土台をたてること)に用いる材料を

レジンコアとファイバーポストにすることです。

このファイバーポストは天然歯に近似した、弾性係数と確実な接着に期待しています。

 

目に見えない部分にも工夫と最新の材料を用いることによって

歯を長い間保存できます。

 

 

 

歯の治療の「こんち」って知っていますか?

『秋葉原、徒歩一分、原田歯科の歯医者が歯医者にしか書けないことを書いています』

「根管治療」って御存じでしょうか?
歯科医院では「根治」(こんち)って言っています。

歯の神経を取ったあとはそこが管のようになりますから
その部分を根管といっています。
その根管の治療が根管治療です。

根管はそのままにしておくと、ほとんどの場合
細菌による感染を起こします。

そこでリーマーという細い金属性の器具で物理的に汚染物質を除去したり
消毒剤で洗浄したりして根管をきれいにしていきます。

きれいにした後は根管充填といって根管に感染を起こさないように
お薬を入れていきます。

基本的には目で見てできる治療ではないため
とても難しい治療のひとつです。

よって根管充填のあとには必ずX線を撮影して
その結果の確認をします。

この治療の成功率は80−90パーセントです。
高いと思うのか低いと思うのか微妙ですが
再治療となると極端に成功率が下がってしまいます。

その理由は「根管が複雑な形態をしている」ことが多いからです。
曲がっていたり、枝分かれしていたり、吸収して無くなっているところがあったりします。

根管治療とはこのように難しいところがありますから
歯の神経を取るようなことにならないよう
「定期健診」は半年に一回は受けるようにしましょうね。 

歯はできるだけ抜かないほうがいいww?

『秋葉原、徒歩一分、原田歯科の歯医者が歯医者にしか書けないことを書いています』

こんにちは、DR.Yです。

 

ここ最近は、昼間はぽかぽかしていても

朝晩は冷え込みますので、

体調管理を気をつけています。

 

さて、一ヶ月前に歯をぶつけて最近歯の変色が気になって

受診された患者様がいらっしゃいました。

 

様々な診査を行った結果、歯の根にひびが入っていました。

歯の神経が悪くなっていたので神経の治療を行い、

経過観察しています。

 

出来るだけ歯を保存し、

それでも予後がよくない場合に抜歯を行っていきます。

 

もちろん、歯を保存するということは、

時間も、手間も、費用もかかることがありますが、

出来るだけの治療を行ってみるのも悪くないと思います。

 

歯医者で「コンチ」って言ってるのを聞いたことないですか?

『秋葉原、徒歩一分、原田歯科の歯医者が歯医者にしか書けないことを書いています』

こんにちは、DR.Yです。

 

だんだんと冬が近づいて来ているのが、

わかるくらいに、冷え込んできましたね。

風邪などを引かないように気をつけてください。

 

最近はだいぶ、歯周病やインプラントという言葉が

認知されるようになってきました。

ここで、認知度の低い歯内療法(根管治療)って聞いたことありますか。

虫歯により歯の神経を取る処置、または根に病気が出来たときに行う治療です。私たちは、いついも「コンチ」って言っていますが。

 

歯の根の病気では、

かぶせた歯の根の先から膿が出て来たり、

神経を取っているのに痛みが出たりします。

 

これは、レントゲン写真を撮ると発見できます。

根の先端部に黒い影が写し出されます。

その多くの場合は、神経を取る処置を行った際に、

根の先まで根管充填材が入っていません。

 

痛みが無くても、レントゲンで発見することができますので、

早期発見、早期治療を行いましょう。

 

 

 

根管治療は本当に大切ですww

『秋葉原、徒歩一分、原田歯科の歯医者が歯医者にしか書けないことを書いています』

きょうから10月、秋本番です。
本当に暑いと思う日もなくなり、すごしやすくなりました。

歯科医院に通うにも最高の日々です。
この時期にガンバッテ治療を受けてみましょう。

きのう、SJCDのインストラクターミーティングがありました。
おもに歯内療法についてでした。

実は、歯内療法の失敗により歯を抜くようになってしまうことは
意外と多いのです。

歯内療法は主に目で見えないところを治療するため
難易度の高い治療となってしまいます。

しかし、レベルの高い治療をしている先生ほど
根管を直接目で見ています。

根管を目で見るといっても
なかなか見れるものではありません。

それには、やはりテクニックが必要となります。
ですから、直接、目で見て根管をきれいにする方法を十分に学びました。

歯を抜くか、抜かないかの問題になる治療になりますので
この方法はマスターする必要があると感じました。

非常に地味な治療ですが最も大切な治療です。


注意、歯の根管治療に問題があってもあまり痛みは出ません。

『秋葉原、原田歯科の歯医者が歯医者にしか書けないことを書いています』

日本のことを考えると普天間問題は誰かが手をつけなければならなかったことで
それを考えると鳩山さん、よくやったと個人的には思っております。

また、今回のことで日本全体がアメリカの基地問題をもっと考えなければいけなかったのに
そのことがなかったのが残念?

歯を抜かなければならなくなる原因のひとつに
「根管治療」が不完全だったことがあります。

根管治療とは歯の神経をとったあと、その穴(根管)を消毒して
お薬をその中に詰めて細菌感染をおこさないようにする治療をいいます。

歯の神経をとったあと極端な話ですがそのあと治療をしなくても
その歯に痛みがでることは少ないのです。

つまり、細菌感染をおこしていたとしても歯に症状があまり出ない
治療であるとも言えます。

これは歯周病と良く似ています。
両方とも細菌が原因ですから当然です。

根管治療は目に見えないところを治療するため非常に難しい治療であり
歯科医による技術の差がかなり出てしまう治療であるとも言えます。

X線による診断をしていただき、御自分でチェックしてみてください。

根管治療は大事だよー。

『秋葉原の歯医者が歯医者にしか書けないことを書いています』

暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもので
ここのところ、すごく寒い日がなくなってきました。

かわりにと言ったら変ですが
「花粉」が飛び始めました。

気のせいかマスクをしてる人が年々増えてきてるように思います。
花粉症の特効薬があればいいのですが***。

突然ですが根管治療は、とても大切な治療です。
根管治療が不十分だと、うえの被せものがどんなに立派でも「やり直し」の治療になってしまうからです。

ただし、一回きちんと治療すれば、そのあとトラブルを起こすことは極まれです。
でも、根管治療の再治療が多くて多くて困ってしまいます。

とにかく時間がかかる治療でありながら表面上は何の変化もなく、まして治療によって痛みがでたりするものですから、なかなか患者様とってもつらい治療のひとつです。

根管治療への御理解をよろしくお願いいたします。

 

抜かなければいけないと思っていた歯を治すことができました

『秋葉原の歯医者が歯医者にしか書けないことを書いています』

きょうは、とても暖かくて天気予報では20度まで気温が上がるとのことです。
だんだんと春が近くなってきています。

しかし、日曜日には雪が降るかもしれないようです。
よく分からない天気ですね。
「三寒四温」ってこのことでしょうか。

先日、半年かかって根管治療し予後観察していた患者様がみえました。
X線を撮って
「よーし、治ったぞ」
っていう言葉がでてきました。

半分くらいの確率で抜かなければならないと思っていたからです。

ずーと出ていた「膿」もなくなりました。

実は根管が途中で枝分かれしていて、とても複雑なかたちをしていたので難しかったのです。

とても優秀な?歯科医師になった気分でした。

歯が割れないようにする方法

『秋葉原の歯医者が歯医者にしか書けないことを書いています』

きょうは、とても寒いうえに「雪」が降るかもしれないとのことです。
太陽が全く出ていないので本当に寒く感じます。
明日からは「晴れ」になるようですから、今日だけのガマンですね。

前回はDR.Y 山口先生にブログを書いてもらいました。
私だけが書いていると、どうしても偏ったものになる傾向がでてきますので、これからは他の先生やスタッフにも登場してもらいたいと思っています。

いろいろな意見や考えがあっていいと思いますので。ちょっとだけ期待してみて下さい。

きょうの患者様で歯が割れているところがみつかりました。
神経をとってある歯ですから、歯そのものの強度が落ちていたと考えられます。
このような場合はほとんどが歯を抜くことになります。
とてもとても残念な結果です。

どうしても歯の噛む力の強い方は、その傾向が強いですね。
じゃーどうしたらいいのかといいますと、極力歯を削らないこと、土台はファイバーポストを使うこと、噛み合わせをこまめにチェックすることなどがあげられます。

傾向的には単根歯で金属の土台の入っている歯が破折してくることが多いように思います。
心当たりのある方は一度チェックしてもらってくださいね。

突然、顔が腫れてきた

『秋葉原の歯医者が歯医者にしか書けないことを書いています』

あしたが「冬至」で一年でもっとも昼の時間が短い日になります。
確かに7時ころから17時ころまでが明るいだけですから、とにかく夜がとても長い です。
でも、これからはどんどん昼が長くなってきますので、ちょっと嬉しいですね。
ただし、寒さはこれからが本番、インフルエンザのこともありますから注意が必要です。
あと二ヶ月くらいは辛抱です。

先日、お顔がすごく腫れた患者様が来院されました。
原因は、歯の神経が死んでしまって、根管が感染していたからです。

それほど大きい虫歯があるわけでもなく、X線では一見正常にみえました。
しかし、よーく根尖部分をみてみると、とても小さいですがリージョンがあります。
神経が死んでしまった原因は、虫歯が浅くて小さいものしかないので亀裂によるものかもしれません。

処置は根管を開放状態にして中の膿がでるようにして、膿のたまっているところを切開しました。
あとは抗生剤の投与です。
これでかなり腫れがなくなるはずです。

翌日はかなり腫れと痛みがとれていました。

とにかく、このような腫れと痛みは歯が原因の疾患の中でも症状がとても強くでるほうですから注意が必要です。
以前に痛みや腫れたことのある歯については特に注意してチェックしてもらってください。
強い痛みが出る前には、なんらかの症状が出ることが多いのです。





<< | 2/3PAGES | >>