calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

歯ブラシするときの力ってどのくらい???

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

本当に寒い毎日ですね。

インフルエンザも流行中ですので、マスクをしたり、手を洗ったり、予防が大事です。

 

予防といえばやはり適切なブラッシングですね。

正しい持ち方ですか??、正確にブラシをあてていますか??

磨き残しはないですか??適度なブラッシング圧ですか??

自分にあった歯ブラシを使っていますか??

 

ブラッシングと言っても、様々なポイントがあるのです。

適度なブラッシング圧ですか??

これは、結構難しいポイントです。

圧が強すぎると、歯肉を傷つけます。

歯肉退縮や知覚過敏を起こしやすくなります。

ゴシゴシやらないと綺麗になった気がしない、ブラッシングに対して熱心になりすぎる患者様に多いように感じます。

 

逆に弱すぎると今度はプラークが停滞し、歯肉が腫れ、出血、触ると痛いといった症状が出現します。

痛いから、血が出るから歯ブラシを当てなくなっていくと、更に歯肉の炎症は進行します。

もちろん、プラークが停滞しているので虫歯にもなりやすくなり、口臭の原因にもなりえます。

 

もう一度、鏡の前でご自分のブラッシングしているところをご覧になってみた下さい。

新たな発見があるはずですよ。

 

 

歯の清掃は歯ブラシだけではいけませんwww

こんにちはDr.Leeです。

 

お口の2大疾患といえば、虫歯と歯周病です。

虫歯は痛みや凍みるなどの症状があるので、比較的早期に発見されることが多くあります。しかし、歯周病は病状が進んでから、歯科医院で指摘されることが多くなります。

なぜなのか、それは症状がないからです。

 

歯周病の治療には歯のクリーニングがとても大切です。普通の歯ブラシだけだと磨ききれません。

そこでフロス(糸ようじ)のような補助的な器具が必要になります。

デンタルフロスは歯と歯と間の歯垢を最も効果的に落とす掃除用具です。

 

デンタルフロスは歯の隙間が狭い人におすすめです。
広い人が使うとスカスカで逆に使いづらくなるので、そんな方には歯間ブラシをおすすめすします。


デンタルフロスの使い方には次の方法があります。
1.指に巻いて使う
2.輪っかにして使う
3.ホルダー付フロス

はじめての方は3番がいいでしょう。

原田歯科クリニックではご自身で行うブラッシングもしっかりご指導いたしますので、ぜひご相談ください。

 

 

 

自分で治す歯周病

きのうの雪はすごかったですね。
しかも朝は凍って いて、、、、
大丈夫でしたか?

今回のテーマは
「自分で治す歯周病」です。

えっ、いつも言っていることと違う?
そ、そうですがなかなか歯医者に行けない人のためにです。

まず言えることは
今までの歯ブラシの仕方で歯周病になったわけですから
「このままではダメだということです。」

ではどうしたらいいのでしょうか。

それは、まず自分で磨けていないところを知るべきです。
市販されている染色材を使いますが、何回も使う必要はありません。
磨けていないところを憶えておいてください。

おそらく歯の歯茎に近いところが磨けていないはずです。
つまり、歯と歯茎の境目が磨けていないのです。

ですから歯周病になったと言ってもいいかもしれません。

もうひとつのところに注目です。
それは歯と歯の間です。

ここは歯周病の多発地帯です。
ですから、この部分はフロスか歯間ブラシで磨きます。

結果的には歯の周りの歯と歯茎の周りを磨くことになります。
これができれば、ほとんど目的を達成できています。

プラス、この時に歯茎から「血」が出てくれば炎症を起こしている
歯茎にあたっている証明になります。
とてもいいことです。

この出血は一週間ほどで出なくなりますから安心してください。

最後のもうひとつ。
歯茎の色、形を見えるところだけでもいいですから
チェックしておいてください。

二週間もすれば変わってきますから。

とにかく、今までと同じではいけないということですね。
がんばってください。


自分で治す歯周病

きのうの雪はすごかったですね。
しかも朝は凍って いて、、、、
大丈夫でしたか?

今回のテーマは
「自分で治す歯周病」です。

えっ、いつも言っていることと違う?
そ、そうですがなかなか歯医者に行けない人のためにです。

まず言えることは
今までの歯ブラシの仕方で歯周病になったわけですから
「このままではダメだということです。」

ではどうしたらいいのでしょうか。

それは、まず自分で磨けていないところを知るべきです。
市販されている染色材を使いますが、何回も使う必要はありません。
磨けていないところを憶えておいてください。

おそらく歯の歯茎に近いところが磨けていないはずです。
つまり、歯と歯茎の境目が磨けていないのです。

ですから歯周病になったと言ってもいいかもしれません。

もうひとつのところに注目です。
それは歯と歯の間です。

ここは歯周病の多発地帯です。
ですから、この部分はフロスか歯間ブラシで磨きます。

結果的には歯の周りの歯と歯茎の周りを磨くことになります。
これができれば、ほとんど目的を達成できています。

プラス、この時に歯茎から「血」が出てくれば炎症を起こしている
歯茎にあたっている証明になります。
とてもいいことです。

この出血は一週間ほどで出なくなりますから安心してください。

最後のもうひとつ。
歯茎の色、形を見えるところだけでもいいですから
チェックしておいてください。

二週間もすれば変わってきますから。

とにかく、今までと同じではいけないということですね。
がんばってください。


歯ブラシの仕方をみんな間違えています???

こんにちは、Dr.Yamaguchiです。

 

歯周病を予防するにはどうすればいいのでしょうか??

 

「プラークコントロール」と「定期的なメインテナンス」が必要です。

このどちらか一方がかけたり、不十分だと歯の健康の維持は難しくなります。

 

「プラークコントロール」は、お口の中のプラークを減らすことです。

プラークは細菌の塊です。
この細菌が産生する「酸」「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因です。


プラークコントロールをすることによって細菌の数を減らせば、虫歯や歯周病の予防になります。

 

ではどうすればよいかというと、やはり正確なブラッシング(歯磨き)を行うことです。


毎食後に必ずブラッシングを行う、また歯間部などはデンタルフロスや、歯間ブラシを行う、
歯ブラシの先を歯と歯茎の間(歯周ポケット)に入れるなど、様々なやり方があります。

  

知っていることかもしれませんし、頭で理解をしているとは思うのですが、

実際に正確にブラッシングできている方は決して多くありません。

 

皆さん、当医院で正しいブラッシング指導をうけてみませんか??

 

なぜ歯周病治療は難しいのか、、、

きょうは本当に寒い日ですね。
初雪のところも多いようです。

今まで歯周病についてのことを数多く書いてきました。
しかし、その治療を難しくしている他の理由について御話したいと思います。

歯周病の原因が細菌であることは
世界中の誰もが認めるところです。

しかし、その原因となる細菌というのは、当たり前ですが目には見えません。

よくあることなのですが、歯石が全く無いのに
歯周病がかなり進行していることがあります。

新米の歯科衛生士でしたら????になります。

このように歯周病は目にみえないもの(細菌)との戦いなのです。

もうひとつ歯周病治療を難しくしているのは
一生続けていかなければいけないメインテナンスです。

どうしても、何の自覚症状も無ければ人間、その必要性を認識しにくくなります。
結果、数年経過してしまい悪化してしまったということも多くあります。

一時的にに治癒してしまいますと気が緩んでしまうことも
この歯周病治療を難しくしている原因のひとつですね。

歯周病の治療の難しさはこのようなところにも存在します。

 

歯周病の名医を見つけるために必要な知識とはwww

歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。
確かに虫歯でも歯を失うことが多いのですが
ちょっと様相がちがいます。

というのは虫歯は自覚症状があったり
見た目で判断することも可能ですが
歯周病はそうもいきません。

ですから
歯周病の治療には、専門的な知識と技術が必要となります。
つまり、歯周病の名医じゃないと
進行した歯周病は全て抜いてしまうという結果になってしまいます。

歯周病の名医といっても、どこにでもいるわけではありません。

その医院のシステムがすでに出来上がっている必要があります。

あと、歯周病のほとんどを担当するのは
「歯科衛生士」ですから
彼女たちのスキルも問題になってきます。

歯周病を強く意識して治療をしている医院には
この「歯科衛生士」がたくさんいます。

この図式は絶対に間違いありません。
私が知っているところの最高は16人です。

ここまでくるとビックリですが
ここは日本でも有名な医院です。
メインテナンスがメインですが、、、

このようなことを基準にして医院の評価をしてみてはいかがでしょうか?

歯肉炎と歯周炎の違いとはwww

こんにちはDr.Leeです。

 

歯肉炎と歯周炎の違い。
 
歯肉炎は歯周病の1 種です。

病状としては,歯周病の中では軽いものです。

ピンク色の歯肉が,炎症により赤くなってしまった状態です。
歯みがきをしたときに出血することがある人は要注意ですね。

 

歯肉炎の原因は,歯垢(しこう;プラーク)です。

歯垢は虫歯の原因だけではありませんよ。


 

歯肉には歯肉溝(しにくこう)といわれる深さ1〜2mm程度の溝があります。

食後にこの溝の部分をきちんと磨くことが出来れば,何事も起こりません。


きちんと磨くことが出来ないと,口の中の細菌がその食べかすをエサとして繁殖し,歯垢となります。


この歯垢は1mg中に1億個の細菌が生息していて,この細菌の毒素により,歯肉が腫れてきます。

 

歯肉炎を放っておくと徐々に進行して歯周炎になってしまうのです。
炎症が歯肉だけでなく,周りの組織まで進行した状態です。


歯肉炎のうちに歯ブラシで治しましょうね。



 

 

歯周病って、どのように診断するの???

こんにちはDr.Leeです。

 

今回はどのような検査で歯周病と診断しているかについて
お話ししたいと思います。

まずは、歯と歯茎の間にある溝(歯周ポケット)の深さを
計測します。
0〜3mmまでは健康
mmは歯周病の手前の歯肉炎
mm以上は歯周病
また、その時に出血する場合は細菌などの原因があると
考えられます。

次に歯を支えている骨の量です。
歯周病が進むと、少しずつ骨の吸収が起こります。
レントゲン写真でどのくらい骨が残っているのかを調べます。

最後にプラーク(歯垢)の残り具合です。
奥歯などの磨き残しやすい部分には、細菌がどんどん増えて
歯茎に炎症が起こります。

これらを必要に応じて定期的に検査していくことで、歯周病が
進行していないかが分かります。
定期検 診でのこまめなチェックが大切ですね。

 

 

 

歯周病と糖尿病の関係についてwww

こんにちは、DR.Yamaguchiです。

 

歯周病と糖尿病とは密接な関係があり、歯周病がある人は症状がよくならないばかりか悪化していまうこともあります。

 

歯周組織は細菌によって炎症を起こします。

この細菌によって炎症を引き起こす物質を生み出します。 


この物質により、糖尿病の患者様はインスリンの働きが阻害され糖尿病が悪化します。

 

この悪化している状態が続くと体の抵抗力が下がり歯周病菌がますます増え、歯周病もさらに悪化していきます。

 

歯周病の治療を受け歯周組織の状態が改善してくると、血糖のコントロールも改善してきます。

これは、歯周治療によってインスリンが働きやすい状態になるからです。

 

歯周病も糖尿病も慢性的な疾患ですので、一つ一つをしっかり改善させていくことが大事になっていくのです。

 

 

<< | 2/11PAGES | >>