calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

親知らずは全部抜いたほうがいい???

患者様からの「親知らず」の質問が多かったので
「親知らず」の説明のページを増やしました。

親知らずについての基本的な内容が書かれていますので
是非、一度お読みください。 

親知らずが歯茎から出ている場合は
みなさんどのようになっているのか御存じの方が多いと思います。

しかし、歯茎の中に埋まっている時は
どのようになっているのか御存じの方は少ないように思います。

このように歯茎のなかに埋まっている場合は
歯科医院でX線を撮らないと詳しく知ることはできません。

しかも、歯茎に埋まっているような状態の時が
一番いけない状態であると言ってもいいでしょう。

急に強い痛みが出てしまうのも、このような状態の時です。

たとえ痛みが無くても、隣の歯に虫歯を作ったり、隣の歯を押して動かしたりして
問題を起こすことが多いのです。

一般的には歯周病と同様に痛みが無くても
このような状態が悪くなってしまうことは止めることはできません。

いやな、いやな「親知らず」ですが、抜かなくてもいい時もありますので
その判断を歯科医院で聞いてみてはいかがでしょうか?

御質問をお待ちしております。

虫歯で歯を削ると何を詰めることになるの???

虫歯で治療をすると虫歯を削った後に何を詰めるのか分からない時が多くないですか?

主に、歯の噛み合わせが無いところで、見えるところでは
コンポジットレジンといって歯と同じ色の「プラスチック」を詰めていきます。

全く歯と同じ色なので、詰めたかどうか全くわかりません。
しかし、欠点としては基本的に「プラスチック」ですから
その色の変色と強度が弱いということがあります。

現在は、両方の欠点はかなり改善されていますが
セラミックにはまだまだかないません。

あと、噛む力がかかるところでは、やはり金属が
強度的に優れているためにおすすめです。

しかし、見た目にはあまりよくありません。
見た目が気になるところではセラミックの詰め物がいいと思います。

ただし、セラミックの詰め物は保険適応ではないため
自費扱いになります。

費用的には原田歯科では4万円位でできます。
ちょっと高いと思われるかもしれませんが
技術的な面で改良があったため以前は10万円くらいしていたものを
かなり安くできるようになりました。

もし、気になる金属の詰め物があるときには
トライしてみてくださいね。 

歯医者での麻酔の重要性についてww

歯医者で注射されるのってイヤだなー。
って思っていませんか?

当たり前ですが好きな人はいません。
しかし、麻酔をすることによって、より確実な治療ができるようになることは明らかです。

実は、大昔(30年以上前ですが)はほとんど麻酔をしないで
虫歯の治療をしていました。

このような治療ですと患者様が痛いということが分かっていますから
痛みが強くなってきますと、そこで止めてしまい
全部の虫歯をとることはできませんでした。

でも、そんなこと患者様は知りません。
それで治療しても治療しても歯に問題が出てきてしまうということが多くありました。

当然、麻酔をして治療している今はそんなことはありません。

ですから、この麻酔の重要性を分かって頂きたいのです。

もうひとつの麻酔が嫌がられている理由は
シビレが一時間以上続くことです。

そのあとに食事となると大変です。
このような時には食事をひかえるべきですが
そうもいかない時は
唇や頬の粘膜を噛まないように注意してくださいね。

デンタルコンプレッションシンドロームって知っていますか???

デンタルコンプレッションシンドローム、dental compression syndromeってご存知ですか?
ザ・クインテッセンス 2009年2月号これは1991年,Dr. Gene McCoyにより提唱された症状で、強い歯ぎしりや噛みしめなど、いわゆるパラファンクションによって引き起こされるさまざまな症状を指します。

歯に現れるもっとも一般的な症状としては、エナメル質の微小破壊、歯の水平的あるいは垂直的破折、前歯部切縁の鋭角化、咬頭の短縮(摩耗)、臼歯部咬合面に形成される窪み、楔状欠損などがあげられます。

専門的言いますとこうなりますが
つまり、はぎしりなどのある人は歯が欠けてきやすいということです。

よくある知覚過敏もこういったことから
症状が出てきてしまうことが多いようです。

かと言って、はぎしりを止めようと思っても
出来ることではありません。

極力、歯科医院でチェックして
歯の欠けたところを充填していくしか方法はありません。

ただ、ナイトガードという、歯ぎしり防止装置のみが予防手段となるかもしれません。

この症状は以前、歯質の楔状欠損や咬合角の窪みなどは歯ブラシによる摩耗と考えられていたのですが、現在では応力の集中部位に生じる実質欠損は硬組織の組織疲労と考えられています。

つまり、歯ブラシではそんなに歯を削ってしまうことはないということです。

どうかデンタルコンプレッションシンドロームにも御注意を。 

歯科医院の感染対策についてww

こんにちはDr.Leeです。

 

 

原田歯科クリニックでは患者さんにより安全に治療を受けていただけるように、院内感染対策にとても力を入れております。

感染対策は医院の基本中の基本ですが常に自分で気をつけてチェックするのと他の人にも見てもらうように二重のチェックをしています。

また、使用する器具やタオル等の滅菌はもちろんエプロンやコップ等はディスポーザブルでありますし、

 

お掛けいただくユニットも患者さんごとの使用後には消毒を行っております。

 

 

特にインプラント等の外科処置時にはより注意をしていかなければいけませんので、オペ室自体を極力無菌に保てるように努力しております。

 

 

万全の体制で準備しておりますので安心して受診されてください。

 

 

歯科医院で見ることがないことについてww

こんにちはDr.Leeです。

 

 

歯科医院ではとても多くの器具を使用して診療にのぞんでおります。

 

ですのでより良い診療のためには器具のメンテナンスというものがとても重要になります。

 

 

滅菌の仕方が不適切ですとすぐに劣化してしまいますし、歯石を取る器具などの刃が付いているものは的確に研ぐ必要があります。

 

メンテナンスにおいても正しいやり方というものがありますので、原田歯科クリニックではスタッフ全員が同じ正しい方法をマスターしております。


また、消毒、滅菌については細心の注意をはらっており、極力ディスポーザブルつまり使い捨てのものを使用するようにしております。

その結果、細菌感染については院内全体、チームとなって考慮しています。

 

安心して御来院ください。

 

 

 

チャリティー講演に行ってきますww

こんにちは、DR.Yです。

 

今度の日曜に東日本大震災復興支援チャリティー講演を東京国際フォーラムにて行います。

様々なスタディーグループから8名の著明な先生方が講演します。

 

最先端の講演をなさる方々で日々の臨床に有益であることは間違いないので、今から非常に楽しみです。

 

歯科界でもこのような動きが最近活発になってきました。

 

さて、歯科医院のイメージを患者様に聞いてみると、様々なお答えを頂きます。

やはり、こわい、無機質な感じ、音がうるさいなどがよく聞かれます。

私も以前は同じようなことを感じていたことがあります。

 

しかし、多くの方に気持ちよく来院していただくために、

清潔感のある、明るい医院をめざしています。
 

一度、検診などでいらしてみてはいかがですか?

 

 

歯の型取りの材料についてww

こんにちはDr.Lです。

 

 

皆様もご経験があるでしょうが、虫歯の治療などを行い被せ物をする場合、印象材と呼ばれるものでお口の型をとらせていただきます。

 

 

この印象材という物もいろいろなメーカーからいろりろな種類がでています。

 

 

被せ物用、入れ歯用、効果が早いもの、親水性のものなどいろいろです。

 

 

それぞれ、練る時間や固まる温度や時間などが違います。

 

 

原田歯科クリニックではそれぞれの症例に応じた印象材を的確に用いることにより、より精密な被せ物を製作できるようにいろいろな種類の印象材をご用意しています。

 

 

歯科医師、衛生士が全員それらを使用する判断に熟知しておりますので安心して受診してください。

 

歯科医院での「CR」って何のこと??

「コンポジットレジン」って知っていますか?
歯科医院では「CR」などと言っています。

分かりやすく言いますと
前歯が虫歯になった時に使う「歯の色と同じ色の白い詰め物」
のことです。 

CRは前歯だけではなく「奥歯」にも詰めたりします。
昔は強度が低くて、とてもとても無理でした。

歯科材料の開発に関して日本は世界でも
トップクラスにいます。

このようなCRにおいても海外で発売されており
多くの分野で高い評価を得ています。

しかし、全てにおいて優れているかといえば、そうではありません。
例えば、いま私が使っている診察台は日本製ですが
その一部には海外製の部品も多く使われているのです。

つまり、世界の単位で考えるとほとんど国境がない感じです。
ただし、各国で国の基準が違いますから
審査が通らなければいけないということがあります。

そ、そーいえばiPADも日本製のモニターを使っているようですね。
震災の影響が出ていて生産が遅れていると聞いています。

世界単位で良いものが手に入ることは、とても良いことですね。

虫歯が無くなる日が近い???

『秋葉原、徒歩一分、原田歯科の歯医者が歯医者にしか書けないことを書いています』

こんにちは、DR.Yです。

 

虫歯予防の分野で一歩前進する研究が発表されました。

 

虫歯は日本人の約9割がかかる身近な生活習慣病の一つで、

口腔内の細菌が作る酵素「グルカンスクラーゼ」が、

口に入った砂糖からグルカンという糖を作り、

この糖が他の細菌を巻き込んで虫歯の原因の歯垢(プラーク)を作り出しています。

 

この酵素の働きを抑えれば虫歯の発症リスクが減ります。

今までは緑茶に含まれるカテキンなどに抑制効果があるとされてきたが、

より効果的に抑制するには酵素の分子レベルでの解明が不可欠でした。

 

今回、静岡県立大や京都大などの研究チームが、虫歯の原因となる酵素の立体構造を分子レベルで解明しました。

この構造情報を基に、酵素の働きを抑える虫歯予防物質の開発が期待できます。

 

 

 

 

<< | 2/11PAGES | >>