calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.13 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

SJCDサマーセミナーinバルセロナ

9月のシルバーウィークに行ったのですが名前はサマーセミナー。 これはいつもは8月に行っていたからです。 名称がちょっとおかしくてすみません。 ところで今回も日本から若手の先生たちが講演に参加しました。 ちなみに言語は英語です。 ここでみんな苦労したようです。 ただし、講演と言っても内容は日本とスペインどっちが上か?みたいに その講演を競い合っている感じもありました。 スペインもなかなか精鋭を出してきて 素敵な審美治療についての内容が数多くありました。 改めて二日目に来ている人達を見たら カタルーニャ国際大学の学生がいっぱいでした。 どうも日本のことに非常に興味があったようです。 どちらが勝ったかは別にして、とても勉強になった二日間でした。

ヨーロッパに行ってきました

この10日間でバルセロナとストックホルムへ行ってきました。

バルセロナは私が所属しているSJCDというスタディーグループのサマーセミナーでした。
2年に一回、海外での講演を聞くためにアメリカ、ヨーロッパへ出かけていきます。

バルセロナでは「カタルーニャ国際大学」の正式なサティフィケートをいただきました。
この時にパスポートナンバーを記入したのですが、これは大学がサティフィケートを授与したドクターの記録のためだったようです。
多くの大学関係者のかたにお世話になりました。

その後すぐにストックホルムへと向かいました。
これは2年前に行ったのと同様にヨーロッパインプラント学会に出席するためです。

講演を聞いたのですが、いろいろなところでインプラントの周辺の内容が変わってきていました。
2年前には手に入らないくらい売れていた器具がすでに過去のものになっていたのには驚きました。

ヨーロッパでの出来事は追って書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ヨーロッパインプラント学会に行ってきます。

今週の金曜日にバルセロナに行ってスペインの先生達の講演を聞きにいきます。 ヨーロッパは審美、インプラント系に優れていますので EAO(ヨーロッパインプラント学会)の前に審美歯科の世界の最先端を見てこようと思っています。 それからスエーデンのストックホルムに行きEAOに参加してきます。 ストックホルムはバルセロナと違って寒いようなので 服の選択がちょっと難しくなります。 すでに日本の晩秋の気候のようです。 EAOは2年前にも参加しましたが英語が全くダメでした。 今回はかなり勉強したので、おそらく90パーセントは理解可能だと思います。 今回も前回と同様に「インプラントの合併症」の講演を聞く予定です。 シルバーウィークと重なっているので今回は4日間のお休みをいただくことになります。 医院のほうは診療しておりますので何かありましたらどうぞ御連絡ください。 どうぞよろしくお願いいたします。 写真は先日のステップアップミィーティングの様子です。 みんな頑張ってくれました。

 アドバイザリーミィーティング

土曜日にスイスのインプラント「SPI」のアドバイザリーミーティングに出席してきました。 日本でインプラント治療で有名な先生達10人が集まりました。 私も、そのひとりですが、、、 スイスからはスネテビー博士が出席。 今回も世界で最新の情報が報告されました。 去年3月に講演を聞いたグルンダー先生が800ページにおよぶ書籍を出したのですが 実は日本語にも翻訳される予定かもしれないとの情報もありました。 グルンダー先生のオフィスには行ったことがありますし、 二時間ほど個人的にお酒を飲みながらレクチャーを受けたこともあります。 是非、日本語の翻訳本が出るよう祈っております。 クインテッセンス出版さん、お願いいたします(笑)。 今月、9月にストックホルムでヨーロッパインプラント学会があり出席いたします。 その時にグルンダー先生にもお会いする予定です。 世界的に有名な先生にお会いし、レクチャーを受けることは「ワクワク」しますね。

 フラワーアレンジメント

以前にも御報告させていただきましたが 妻のフラワーアレンジメントの写真を撮りました。 今回は以前の先生が教室を辞めてしまったので 違う先生に教わったものです。 お花の上にアロマキャンドルがあります。 しかも水の上に浮いていて、ちょっと素敵です。 でも、よく見るとなにか「生卵」みたいですね(笑)。 火をつけると、ほのかに香りがしてとてもいい感じでした。 家の電気を消して暫く静かな中でロウソクと香りを楽しむのもなかなか 通常の世界から抜け出したみたいでいいですね。

大阪での古希のお祝い

大阪SJCDの本多先生の古希のお祝いで先週、大阪へ行ってきました。 古希のお祝いには全国から有名な歯科医師が数多く集まりました。 久しぶりに会った先生もいて多くの情報が得られましたが、何と言っても お酒が入っていますからみんな面白いというかいい加減です(笑)。 普段は真面目な先生が「えー」という時もありました。 特に二次会では大騒ぎです。 正面に大阪城の夜景が見えていてとてもいい感じでしたが 誰も見ていないようでした(笑)。 歯科医師の勉強会の集まりでしたので、さすがに部分的に真面目な話もしました。 そして、ただただ愉快な人たちとの交流をとても楽しく思いました。 最後に東京駅に着いた時に な、なんと横綱の白鵬が目の前にドーン。 急いでスマホで写そうと思ったのですが 時すでに遅し 右側に後ろ姿だけが小さく写っている写真が残りました(笑)。

夏バテ対策

昨日、友人と東京駅近くで会食しました。 東京駅に着いて周りを見たら多くの外国人が 赤レンガでできている駅舎を撮っていました。 以前にライトアップしたりしていましたし観光地のひとつになっているようですね。 駅舎と高層ビルのアンバランスが何か独特です。 しかも、夕方の陽が沈む前だったのでとても綺麗でした。 そのあと食事をしたのですが 最初に出たのが夏の季節の前菜でした。 やはり夏には夏のものを食べる。 これが夏バテ対策にはとてもいいことです。 当然、歯が丈夫じゃないといけません。 定期的に、お口の中のチェックをしてくださいね。

印税の明細

よくベストセラーの本を出した人が印税で生活しているとか聞いたことがありました。 そ、その「印税」の明細が届きました。 3年前くらいに書いた書籍です。 しかし、何人かの歯科医師で書いたので、その一部です。 金額では税金を引くと千円以下になりますが印税は印税です。 ちょっと嬉しく思いました。 でも、これでは生活は出来ません。 売れた本も15冊ということでしたので、こんなものなのでしょうね。 臨時収入としては少ない額でしたが 「印税」という響きにウットリした瞬間だけちょっと幸せでした。 これからも執筆頑張るぞーと(笑)。

東京SJCDのテクニシャンミィーティング

先日、東京SJCDのテクニシャンミィーティングがあり、朝一番に会長として挨拶をさせていただきました。 そして、その日は約100人が集まり熱気をおびた会になりました。 テクニシャンというのは歯科技工士さんのことです。 私たち歯科医師は歯科技工士さん無くしては仕事ができません。 そして、私たちの考えをよく理解していただける技工士さんはとても大事な存在です。 テクニシャンミィーティングといっても数多くの歯科医師も参加しております。 お互いに切磋琢磨しなければいけないからです。 私のクリニックは「原宿補綴研究所」という超一流の技工所のお世話になっております。 そこの技工士さんのプレゼンもありました。 最後は「湯浅さん」という日本で若手ナンバーワンと言われている方の講演でした。 とにかく、とにかく「凝り性」で「熱血漢」でした。 仕事のなかに、その人柄が入り込んでいると感じた講演でした。

英語力に差が出てしまいますが、、、

先日会ったスイスのラーチさんとの会話は英語でした。 難しいことは当然わかりませんが普通の会話でしたら7割くらい理解できました。 彼はおそらくフランス語が母国語とい言いますかネイティブなのではないでしょうか。 そのためか非常に分かりやすい発音です。 それぞれの単語が分からなくても何と言っているのか聞き取れます。 今回お会いしたドイツのシーメンスの歯科部門の「シロナ」という会社のCEOつまり社長さんは生粋の「アメリカ人」でした。 (写真の左上に写っております。) とてもよく喋るかたで陽気な人です。 しかし、しかしです。 言っていることが3割くらいしか理解できません。 アメリカのネイティブの方の場合いつもそう感じます。 ただし、イギリス英語はそうでもなく理解しやすいのですが皆さんそうなのでしょうか。 自己流で勉強し始めた最初がBBCニュースだったからでしょうか???

<< | 4/98PAGES | >>